ずんどこどっこいしょ

<   2013年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

瀬戸内国際芸術祭 〜その3〜 男木島(2)

c0064025_2263986.jpg

男木島 路地壁画プロジェクト wallalley

路地のあちこちにある壁画。これもりっぱなアートになんです〜




c0064025_228453.jpg

って、アートがあちこちにあるので


こんな普通の風景でも「アートでは?」って気になってきます(笑)




c0064025_22101965.jpg

オルガン

男木島の路地に、パイプを配管。望遠鏡や潜望鏡が組み込まれたパイプをのぞくと、

海の眺めが現れたり、ハーモニカや風、人の会話などが聞こえたりといった

楽しい体験ができる。





c0064025_22111726.jpg

楽しい。





c0064025_22114768.jpg

記憶のボトル

男木島の記憶をボトルに封入し、小さなあかりをともすインスタレーション。





c0064025_22124411.jpg

びんの中には、男木島の人の生活の思い出を出してもらったらしいです。


良い感じですね〜。





c0064025_2212522.jpg

よく見ると釣り針やら、古い写真やらあったりします。


僕はここが気に入りましたね。



アートをただ作って置いたのではなく、島の人々の暮らしや気持ちを感じさせて


くれるところがあって、実に良いな〜って思いましたよ。




はい。
[PR]
by shimo-titi | 2013-10-31 22:17 | 日記 | Comments(0)

瀬戸内国際芸術祭 〜その3〜 男木島(1)

c0064025_19595637.jpg

女木島からフェリーで男木島(おぎじま)へ移動。


こちらも小さな島なんですね〜。




c0064025_2025595.jpg

港から降りると、そこはもう細い路地。


瀬戸内の島の風景です。





c0064025_2035387.jpg

坂をちょっと登ると、アーサー・ファンの「光の家」がある。


意外とファンが多いとテレビで言っていたような・・・


只の名前だったのかもしれないが・・・・





c0064025_2065228.jpg

また歩いて、ちょうど昼時


「Dream Cafe」でハンバーガーを食す。


普通においしい、いや、かなりウマイ。






c0064025_2083082.jpg

ベンチには、島ネコさんたちがバーガーの中身を狙ってます。


ネコパンチされていた女性もおりました〜





c0064025_209349.jpg

さらに歩くと、川島猛とドリームフレンズ「タイム・チューブ-ときまき つつ の家」



新聞や雑誌を巻き、筒状のオブジェを数多く制作。





c0064025_20123087.jpg

それを万華鏡で覗いてみます。




あ〜、楽しいかも〜
[PR]
by shimo-titi | 2013-10-30 20:13 | 日記 | Comments(2)

瀬戸内国際芸術祭 〜その2〜 女木島

c0064025_15124789.jpg

「瀬戸内国際芸術祭」


・作品鑑賞パスポート(当日券)4,500円 アート作品の鑑賞は大体@300円なので
 たくさん見る予定だとパスポートがあると便利です。
 (小銭の必要がない)

・芸術祭6島周遊乗船2日券 4,000円 こちらも島を移動する場合あると便利です。

 1〜2島の鑑賞なら、パスポートも周遊券もないほうがお得ですね。




c0064025_15191269.jpg

さて、高松港から女木島までフェリーで約20分。


港ではさっそく「カモメの駐車場」がお出迎え。




c0064025_1521172.jpg

とってもレトロなバスに乗って、港から山に向かうこと5分。

大洞窟に到着。




c0064025_15225859.jpg

島に昔からある洞窟に、アート作品が展示してあるのこと。


それにしても、不思議なのはこの洞窟。


大正時代に発見されたのですが、誰が何のために掘ったのかは不明なんですって!



しかも、自然の洞窟ではなく、人が掘った洞窟らしいです。面白いですね〜


(昔の採石場だとは思いますが・・・・)





c0064025_15313137.jpg

洞窟に入ると瓦で作られた鬼がたくさん。





c0064025_15323377.jpg

顔が一つ一つ違いますよ〜




c0064025_1533237.jpg

有名な作家さんのアートなのかな?って思っていたら


洞窟の出口で地元の中学生たちがお出迎え。


実はこの鬼瓦を作ったのは、地元の中学生たちで、記念に自分たちが焼いた瓦を


持って帰って欲しいとのこと(笑)


ちゃんともらって帰りましたよ〜


いや、こんな手作りアートも良いもんですね。




c0064025_15371435.jpg

本日のおまけ。


パソコンで自分の顔を貼り付けちゃてくださいませ〜(笑)









 
[PR]
by shimo-titi | 2013-10-29 15:39 | 日記 | Comments(0)

瀬戸内国際芸術祭 〜その1〜

c0064025_19214118.jpg

この土日に「瀬戸内国際芸術祭」
行ってみた。


簡単に言うと、3年に1度開催される香川県を中心に瀬戸内の島がアートになるっていう


期間限定のイベントなんです〜


春|3月20日[春分の日]—4月21日[日]33日間
夏|7月20日[土]—9月1日[日]44日間
秋|10月5日[土]—11月4日[月・休]31日間



土曜日の早朝から、高松へ向かう。




c0064025_20302342.jpg

高松港へ行く途中、栗林公園過ぎたアタリで

セルフうどんの朝食。




c0064025_20311651.jpg

さすが「うどん県」朝から普通に賑わっています。


おいしかった〜




c0064025_203285.jpg

高松港に到着。



車を駐車場に駐め、フェリーで女木島を目指す。


台風の影響か、人は少なめ。






明日に続く。
[PR]
by shimo-titi | 2013-10-28 20:33 | 日記 | Comments(0)

Mac祭り 〜OS X 10.9 Mavericks インストール〜

c0064025_2155349.png

Mac祭り 第二弾

「OS X 10.9 Mavericks」がなんと無料でインストールできるというので


自宅のMacPro(Early2008)にインストールしてみた。



(会社のパソコンは恐ろしくてインストールできません)


しかし、基本のOSが無料だなんて・・・


漢字Talk7.5の時代にはとても想像できませんでしたけどね〜



c0064025_21595846.png

インストラーをダウンロードすること15分。


インストールの前にInstallESD.dmgをコピーしましょう。


あるととても便利です!



アプリケーションホルダーを開くとインストーラーが見えます。




c0064025_22104851.png

インストーラーを右クリックして、「パッケージの内容を表示」から


「Contents」さらに「SharedSupport」のなかにInstallESD.dmgがあるので


コピーしておきましょう。


ハードディスクが壊れたときに、InstallESD.dmgから立ち上げることができます。


って、5.29GBあるな〜


2層式のDVDでないと焼けないぞ〜(泣)




ちなみにインストールしましたが、不具合はなし。


Excelが立ち上がらないという情報もあったが、問題なし。


快調です!
[PR]
by shimo-titi | 2013-10-25 22:23 | Mac | Comments(2)

Mac祭り 〜いろいろ出た〜

昨日、寝ている間に
もろもろ発表があった様子。

予定通りの発表でしたが、カンタンにまとめてみた。



c0064025_1449075.png

「i pad Air」

いままでのiPad2から比較すると

「綺麗に」なって、「軽く」なって、「早く」なったモデル。

そのぶん1万円くらい「高く」なったものと思えば良い。


容量がいちばん小さな16BGで51,800円もします。


お金に余裕があって、タブレットが欲しい人にオススメ。


買って後悔はしないと思います。




c0064025_14574890.png

「i Pad mini」


こちらも、前回のi Pad miniに比較すると

Retinaディスプレイで「綺麗に」なって、「早く」なった。


で、こちらも1万円高くなりました〜。


容量がいちばん小さな16BGで41,900円。



他のタブレットに比べると高いけど、こちらも買って損のないものだと思います。


僕は、普段持ち歩くなら、こちらをオススメします。



意外とiPadは女性には「重い」とのこと。





c0064025_1542398.png

続いて、おしゃれなゴミ箱

「Mac Pro」


こんな形でも、4Kのディスプレイを3台つなげることができるという

ハイスペックなタワー型マシンなのです〜



一番安いタイプでも、318,800円。


予想していたより安いかな〜って思いましたが

ストレージが256GBしかないので、多分追加10万かかりますな。



もう完全プロ仕様です。





c0064025_15104440.png

そして、「Mac Book Pro」

一番高い15インチモデルがオススメの264,800円


いままでもこれくらいの価格帯でしたね〜(多分)



しかし、性能はトップクラス


・2,880x1,800ピクセルのRetinaディスプレイ
・第4世代のクアッドコアIntel Core i7プロセッサ
・16GBの超高速1,600MHzメモリを標準で搭載
・一世代前のMacBook Proと比べて最大60パーセントも速くなった、
 新しいPCIeベースのフラッシュストレージ(512GB標準)

多分、現状のMac Proより性能は上なんですよね〜



僕の持っているMacBookProが2008年製なのでそろそろ替え時なか〜って思っています。

あ〜


楽しみだな〜
[PR]
by shimo-titi | 2013-10-23 15:25 | Mac | Comments(2)

秋晴れ

c0064025_188914.jpg


本当に気持ちよい秋晴れ。


平和公園はわんさか修学旅行の学生がおりました。


そういえば、最近


人生で初めての「髭」を生やしたりしています。



まさか髭を生やすなんてこと思ってもみなかったけど・・・


意外に気に入っております。




はい。




(似合う・似合わないは別問題ですけどね)


へへっ
[PR]
by shimo-titi | 2013-10-22 18:11 | ひろしま八十景 | Comments(0)

いつのまにか

c0064025_23243379.jpg

あんなに青々としていた葉っぱ達が


いつのまにかしんなりしてる・・・・






c0064025_23251766.jpg

それにしても、今週末に「瀬戸内芸術祭」に行こうと計画してるのだけど


台風が心配です〜




こないで〜
[PR]
by shimo-titi | 2013-10-21 23:27 | 静止画 | Comments(0)

寒いぞ〜寒いぞ〜

c0064025_2312387.jpg

山吹さんが元気になる季節になってきましたね〜


でも、僕は寒いの苦手だな・・・・(笑)
[PR]
by shimo-titi | 2013-10-18 23:07 | 静止画 | Comments(0)

SONYから新しいカメラ続々!(どれも気になる〜)

c0064025_15324696.png

ソニーから新しいカメラやレンズが続々と登場しています。


しかも、どれも個性的なものばかりなり〜




c0064025_15334887.jpg

まずは「α7シリーズ」


以前の「NEX」の後継機とはいえ、似て非なるものになっています。



世界初、35mmフルサイズイメージセンサー搭載のミラーレス一眼カメラ!


しかも、世界最小・最軽量なんです〜!




まっ、カンタンに言うと今まで重たい一眼カメラを持っていた人が


小さなカメラで最高の画質を得られてしまうという



恐ろしい〜、実に恐ろしいカメラなんです〜(笑)





本体を買ってしまうと、レンズもまた買い揃えなければいけないという事態が



発生してしまうので、なるべく見ないようにしましょう。




(お金持ちの方は別ですが・・・・)

お高い方は本体だけで22万円なり〜






c0064025_15464218.jpg

そして、僕はこちらに注目しております〜


「DSC-RX10」



またしても「サイバーショット」です。




完全に一眼カメラのサブ機ですと言いながら、実はこちらのほうが欲しい機能が満載だったりします。


・レンズは24〜200mm 固定式。しかもf2.8通しの明るいレンズ採用。
・しかも大口径カールツァイス「バリオ・ゾナーT*」
・液晶ビューモニター
・わずかな手ブレも高精度に補正する「光学式手ブレ補正」を搭載。
・HDMI同時出力が可能、非圧縮動画をそのまま記録することも可能。
・防塵・防滴設計


今、書き出していただけでもRX1に欲しかった機能が満載のカメラです。


いや〜、これは狙って作られていますね〜


カンタンに言うと、サブ機と思って買ってしまったら


こちらがメインになってしまうパターン続出だと思います。




価格コムで現在116,820円・・・・・



11月15日発売予定です〜




どちらを買っても損はないポテンシャルを秘めたものだと思います。



いや、ソニーさん、頑張ってますね!
[PR]
by shimo-titi | 2013-10-17 16:11 | 機材篇 | Comments(4)