ずんどこどっこいしょ

カテゴリ:書籍( 19 )

俺はもっと本気出してないだけ。

c0064025_18483791.jpg


nicheさんが面白いと行っていたので

Amazonで買うてみた。


面白いね。新しいおじさん。




でも、5分で読めそうだったので2日に分けて読んだ。(-。-;)
[PR]
by shimo-titi | 2013-06-14 18:53 | 書籍 | Comments(2)

宮本常一の世界(山口県周防大島)その5

c0064025_17521178.jpg

片添ヶ浜海水浴場の近くにある小さな小さな島

「沖家室島」

約30年前に完成した橋によって大島と繋がりました。




c0064025_188485.jpg

メインの道路からひとつ入ると、そこは細い路地と

古い佇まいを残す街並みがありました。



c0064025_18103025.jpg

周防大島といえば、高齢化率の高いことで有名なんですが
(なんと47.4%らしい。)

日本全体の平均が約25%であることを考えると大変な数値ですね。




c0064025_18155244.jpg

かつて3,000人いた人口も、いまや200人程度らしいです。


空き家も目立ちますし、お昼というのに誰一人歩いていないのです。


しかし、ある意味これが未来の日本の姿なのかも。


総務省の予測によると、50年後の2060年(平成72年)には39.9%、


すなわち2.5人に1人が65歳以上となることが見込まれてらしいです。




c0064025_1821380.jpg

沖家室島を出て、少し海沿いを走ると

ひじきらしき海藻がずら〜と並んでいて、人の活気を感じて

なんだか少しほっとしました。



宮本常一氏が今の現状をみたら、なんと思うだろうか?



そんな周防大島でした。



はい。
[PR]
by shimo-titi | 2013-05-01 18:26 | 書籍 | Comments(0)

宮本常一の世界(山口県周防大島)その4

c0064025_12261797.jpg


海〜!
片添ヶ浜海水浴場が近くにあったので行ってみました〜!

なんという美しさでしょう〜

目を細めて見てもらうと、ほら、地中海リゾートのようです(笑)




c0064025_12285973.jpg

人もほとんどいませんので、貸し切り状態でした。






c0064025_1230392.jpg

なので三脚を立てて、おやじ一人記念写真(爆)




もはや宮本常一とは無関係の内容になっています・・・・σ(^^)




しかし、ソニーの空の発色も良いですね〜。
[PR]
by shimo-titi | 2013-04-30 12:33 | 書籍 | Comments(0)

宮本常一の世界(山口県周防大島)その3モノクロ版

c0064025_120169.jpg

jvdさんよりモノクロの要望がありましたので
そのままモノクロにしてアップしてみます(^。^)


周防大島文化交流センターを出て、大島の反対側にある片添ヶ浜海浜公園に

向かう途中、古い校舎を見つけました。



c0064025_122689.jpg

どうやら廃校のようです。




c0064025_1223777.jpg

c0064025_1225623.jpg

春というのにひっそりとしておりました。



c0064025_1232348.jpg

校舎の奥は、人が入るのを拒むかのように

すっかりと荒れ果てておりました。
[PR]
by shimo-titi | 2013-04-30 12:03 | 書籍 | Comments(0)

宮本常一の世界(山口県周防大島)その3

c0064025_13473141.jpg

周防大島文化交流センターを出て、大島の反対側にある片添ヶ浜海浜公園に

向かう途中、古い校舎を見つけました。



c0064025_1351793.jpg

どうやら廃校のようです。




c0064025_13513037.jpg

c0064025_1352778.jpg

春というのにひっそりとしておりました。




c0064025_13525081.jpg

校舎の奥は、人が入るのを拒むかのように

すっかりと荒れ果てておりました。
[PR]
by shimo-titi | 2013-04-27 13:55 | 書籍 | Comments(1)

宮本常一の世界(山口県周防大島)その2

c0064025_1815851.jpg

周防大島のちょうど真ん中あたりにある「周防大島文化交流センター」

宮本常一の著書、蔵書、撮影した写真等を収蔵しています。


とのことで行ってみた。


日曜日の昼間であるが、まだブーム前と言うことで


人もまばら。



c0064025_1855439.jpg

というより誰もいない(笑)


入ると大島の民具が置いてある。



c0064025_187314.jpg

奥でNHKらしき番組を流していましたが、意外にそれが興味深いものでした。

常一氏は請われて地方に行ったときは、その土地に相応しい作物や果物の

生産を奨励するなど、

民俗学者というよりは、地域活性のためのプロモーター的な事を

されていたみたいです。




c0064025_18151343.jpg

メインの写真展示。

写真撮影は全体的なものなら良いとのこと。




c0064025_18161792.jpg

資料はまだ調整中ということで、これからのブームにむけての

資料の充実を望みます。



c0064025_18183054.jpg

実際、周防大島文化交流センターのホームページでは常一氏の撮影した写真が

閲覧できたりします。


まあ、こんなゆったりした時間も良いモノですね〜


はい。
[PR]
by shimo-titi | 2013-04-25 18:20 | 書籍 | Comments(0)

宮本常一の世界(山口県周防大島)その1

c0064025_17241984.jpg

最近、気づいたら「宮本常一」の本が増えていました。

山口県周防大島出身の民俗学者である宮本常一氏は、日本各地を巡りたくさんの記録を残しています。


いや、どの本も実に面白いと思います。


一言では言い表せませんが、きっとブームになると思っています(自分だけかもしらん)



というわけで、先週の日曜日


宮本常一の生まれた島、周防大島に行ってきました〜




c0064025_19164959.jpg

雨の予報が一転、晴れの日曜日。


海沿いの道を走ります。




c0064025_19191029.jpg

橋を渡って大島に渡ったところ。





c0064025_19201759.jpg

海の碧さに感動〜(^o^)




c0064025_19294491.jpg

こちら途中休憩した、港にあった公衆トイレ。


形がユニークだったので撮って見た。



c0064025_19235723.jpg

トイレって言わなければ、不思議な存在感が漂います。


はい。


って、宮本常一とはまったく関係ない始まりですが…(∩.∩)
[PR]
by shimo-titi | 2013-04-24 19:26 | 書籍 | Comments(0)

恐るべしamazon

c0064025_1858571.jpg

いやいや、大変盛り上がりを見せる
電子書籍。

僕のスマホgalaxyでの感じをレポート
したいと思いますー

Google play 最初に入れてみたけど
アプリが直ぐに落ちて全く使えず…(-_-;)

ソニーReader こちら割りと良い。
単行本2冊購入ー(^-^)/

本日インストールしたAmazonの電子書籍
Kindle。
こちらも使いやすそうです。
驚きは無料本の多さですねー
いや、ハンパないです。

有料本も僕の好きな作家で検索すると
ソニーのほうがたくさんあったりしますが、いずれ充実してくるのでは…

と思えてきます。

いや、kindle7インチタブレットも
気になり始めてますー(*^^*)


galaxyから
[PR]
by shimo-titi | 2012-11-21 18:57 | 書籍 | Comments(0)

「妻と罰」 土屋賢二

c0064025_23444444.jpg

週末は天気が悪いです(;_;)

しかも、パソコンの入れ替えやら、明日提出の仕事でバタバタしてたら、
もう月曜日になりそうです(>_<)ゞ


ということで、ゴールデンウィーク用に買った本の紹介です(^^)
土屋賢二さんの「妻と罰」 

土屋賢二さんはお茶の水女子大学の哲学科の教授である。
しかし、決して堅い内容ではなくて、むしろ分類とすれば「穂村 弘」さんと
同じ薫りのする内容なのです。

著者紹介から
朝8時に爽やかなJAZZの音色に包まれ起床。家内の喧噪を離れるため
近くの喫茶店に出勤・・・・ライフワークである「ツチヤ哲学」の内容を
文字通り夢中で練る悠々自適の毎日を送っているそうである。


おじさんには読んでいただきたい一冊です(^ニ^)
とにかく笑えます
ちなみに本棚を見たら土屋さんの本が4冊あいました(*^^)v





にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by shimo-titi | 2011-05-01 23:58 | 書籍 | Comments(2)

「にょっ記」 穂村弘

c0064025_17484596.jpg

穂村 弘さんの「にょっ記」


ニョッキといえばジャガイモでつくるお団子のような食べ物か
NHKのプチプチアニメ「ニャッキ!」を思い浮かべてしまうのは
僕だけであろうか・・・・?



ちなみに僕は本を読むのは、かなり早い。
いや、速読のレベルと言っても過言ではない。


とくに、ほんわかとして、クスッと笑う感じの本だと
実に早い。




そして、すぐに忘れる。




そして、1年後に「面白そうだ〜(^^)」と
また買ってしまうに違いない。
(実は何度も同じ事してます)



なので、もう一度読んでおこう。
(最初に戻る)








にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by shimo-titi | 2011-04-06 18:04 | 書籍 | Comments(0)