ずんどこどっこいしょ

カテゴリ:山登り( 289 )

初日の出登山(経小屋山)

c0064025_14295875.jpg
今年も初日の出を見に、宮島の対岸「経小屋山」に行ってまいりました〜

朝4時に家を出て、ヘッドライトをたよりに登る。


今年で3日目?4回目?


もの凄い寒い年もあれば、そうでもない年もあり、今年は普通の気温で登りやすかったですね。



c0064025_14362707.jpg
登山1時間もしないうちに仲間の1人が「体調が悪い」と言いだし、無理をせず下山。

実は車でも山頂に行ける山なので、車で山頂へ。

(来年も車かも?)



c0064025_14383045.jpg
今年は雲があって、日の出は拝めなかったですが

やはり「初日の出」は気持ちの良いものですね〜


今年も無事に過ごせますように。
楽しいことがたくさんありますように。





ね。











[PR]
by shimo-titi | 2018-01-11 14:42 | 山登り | Comments(0)

ちゅうごく山歩きvol.5 買うたで!

c0064025_18281779.jpg
中国新聞社が出している「ちゅうごく山歩き」早くもvol.5が出ていたそうで

買ったみた。


さすがにメジャーな山が少なくなっている・・・・



こりゃ楽しみですね〜(笑)







[PR]
by shimo-titi | 2017-11-30 18:36 | 山登り | Comments(0)

私の百名山 40/100吉松山(呉市広町)

c0064025_19034748.jpg
2015年7月から始めた「百名山シリーズ」今回、なんと40山目!

早いのか?遅いのか?

呉市広町にある「吉松山」に登ってみた。広町は母の生まれ故郷なのだが

そんな山があることも知らず。


広駅近くのコインパーキング(1日500円)を起点に歩く。


仁方第一トンネルの手前を登る(わかりにくいので注意)

c0064025_19072305.jpg

呉軍港境域」という石碑あり。大正時代の物らしい。


c0064025_19173151.jpg
しばらく歩くと広町が見渡せる場所に出ます。それにしてもいつものコンデジを忘れて「iPhone8Plus」で撮ったけど

美しいです。よく考えると防水だし、コンデジいらないなあ(苦笑い)



c0064025_19200405.jpg
途中、看板も案内板もなにもないので不安になるが、なんとか頂上へ。


かなり大きな砲台跡が3つありました。


ここにも戦争の遺産があるのですね〜



c0064025_19221439.jpg
これが頂上の印。

奥に大崎上島らしき島が見えます。


今は平和ですね。























[PR]
by shimo-titi | 2017-11-29 19:26 | 山登り | Comments(0)

紅葉の大野権現山

c0064025_15461937.jpg
いや〜いい色ですな〜



c0064025_15465007.jpg
見上げれば美しい黄色


c0064025_15471819.jpg
歩く場所によって、茶色だったり黄色だったり

楽しいですな



c0064025_15525397.jpg
いつもの「おむすび岩」




c0064025_15531993.jpg
この後、雪がちらつき手が凍えるも

山登りは楽しいです。



はい。









[PR]
by shimo-titi | 2017-11-28 15:54 | 山登り | Comments(0)

大野 権現山

c0064025_16104818.jpg
11/19(日)大野 権現山に行ってきました〜



c0064025_16135854.jpg
朝冷えする朝でしたね〜

鳥の姿も見えず・・・



c0064025_16145535.jpg
紅葉時期なら美しい「ベニマンサク」もこんな感じ。



c0064025_16153688.jpg
もうすっかり冬の装いです。










[PR]
by shimo-titi | 2017-11-27 16:16 | 山登り | Comments(0)

紅葉を見に比婆山へ(やはり山を舐めてはいけない)2

c0064025_17254087.jpg
比婆山の頂上付近、あまりの寒さに手は凍え写真なし。

しかも、立ったまま昼ご飯を食べる。


ここまで寒いとは思わなかったな〜(泣)

雨も雹に変わったくらいだから、体感温度0度くらい。



c0064025_17275413.jpg
ご飯もそこそこに山を下る。


駐車場近くまで降りてくると、寒さも和らぎ、雨も小降りに。




c0064025_17301788.jpg
突風が吹いて、落ち葉が舞うの図。


残念ながら撮りきれず・・・・





c0064025_17313593.jpg
山を舐めたらいけないな〜という良い教訓になりました。










[PR]
by shimo-titi | 2017-11-09 17:33 | 山登り | Comments(0)

秋の窓が山

c0064025_15015244.jpg
もうすっかり秋というか、すっかり肌寒くなってしましましたが・・・・

先週の日曜日は久しぶりの山登り。

近場の「窓が山」です。


c0064025_15032231.jpg
いつも見慣れた「おんな岩」


c0064025_15040197.jpg
この写真を後から見ると、なんとなく女性の臀部あたりのイメージか?

なので「おんな岩」なのか(笑)



c0064025_15060828.jpg
もうすっかり秋の気配。


c0064025_15070432.jpg
みんなで話しながら登ると、あっという間ですね〜


やっぱり山は良いです〜












[PR]
by shimo-titi | 2017-10-05 15:08 | 山登り | Comments(0)

私の百名山 39/100 石見銀山・仙ノ山(島根県大田市)4

c0064025_18191069.jpg
「佐昆売山神社」から結構、急な山道を登ること約1時間30分(とはいえ標高538m)

「千畳敷」に出る。確かこの辺りに頂上への登り口があると本に書いてあったが


c0064025_18253255.jpg
なにも標識がない・・・・



c0064025_18260189.jpg
竹藪のなか、ビニールテープの目印を手がかりに15分ほど歩く。

いや、道らしきものはないんだけど・・・・



c0064025_18271453.jpg
たぶんこの上が頂上だと思われるが、あまりの藪にて登頂を断念〜



いや、残念。




c0064025_18285547.jpg
朝6時30に家を出て、夕方6時30にまだ島根にいたというくらい、よく歩きました〜


なかなか楽しい旅でございました。

(2回は行かないと思いますが・・・)
















[PR]
by shimo-titi | 2017-08-26 18:13 | 山登り | Comments(0)

私の百名山 39/100 石見銀山・仙ノ山(島根県大田市)3

c0064025_11580349.jpg
山登りに来たのに、まだ肝心の山にたどり着けず・・・

岩見銀山・観光地のほぼ最終地点「龍源寺間歩」に到着。

間歩(まぶ)とは「鉱山の掘り口のこと」らしい。


知らなかったな〜



c0064025_12034228.jpg
現在、公開されている唯一の間歩ということで410円払って入る。



c0064025_12063939.jpg
気温、確か12度。かなり涼しい〜


江戸時代に人が掘った坑道。ほんとうに大変であっただろうことが分かる。


まあ、山登りの格好で見ていた人は僕らくらいか・・・・





c0064025_12100128.jpg
坑道を出たすぐ近くに登山口である「佐昆売山神社(さひめやまじんじゃ)」に向かう。



c0064025_12121740.jpg
こちらも趣のある神社である。



まだ山登り始まらず・・・・













[PR]
by shimo-titi | 2017-08-25 12:13 | 山登り | Comments(0)

私の百名山 39/100 石見銀山・仙ノ山(島根県大田市)2

c0064025_15165200.jpg
武家・町屋ゾーンを抜けて歩くと「清水谷精錬所跡」

けっこうな大きさである。


c0064025_15201582.jpg
精錬所跡から上に登って、トロッコ道を行くと「至 仙ノ山」という表示があったので

とにかく登ってみる。


地図もないのに・・・・




c0064025_15222049.jpg
「選鉱場跡」 
c0064025_15241000.jpg
おおっ、その辺の岩も「銀」が含まれているかのように見える(笑)



c0064025_15250699.jpg
さらに登ると「蔵之丞坑」


c0064025_15335643.jpg
トロッコ道を行くも、すぐに行き止まり。



c0064025_15385876.jpg
結局、「仙ノ山」への登り口が見つけられず

来た道を戻ることに(3時間のロス)


しかし、歴史を感じさせるこの地で遠回りしたことに悔いはなし(笑)











[PR]
by shimo-titi | 2017-08-24 15:42 | 山登り | Comments(0)